神奈川県にある霊園について

お墓を購入することは大多数の人が一生に一度のことです。お墓を選ぶことも重要になってきますが、さらに重要なのが霊園を選ぶことです。それは一人の一生だけではなく、何世代にも受け継がれていく永代の問題になるためです。また、お墓を建立した人も将来的にはそのお墓に眠ることになります。だからこそ、慎重に選ばなければならないのです。

普段の生活においてお墓のことを考えることは少ないと思います。大切な家族の方が亡くなってから初めてお墓というものを意識します。いざとなった時に価格のことや宗教、場所などについての問題が噴出します。時間の余裕がなかったり、情報もない中で決定してしまい、のちに後悔してしまうことも多々あります。十分な時間や余裕があるときに多少の知識や情報を得ていくことが必要になります。まだ先のことだからと後回しにしないようにしなければなりません。

一昔前までは生前住んでいた地域の寺院や共同墓地が主流でしたが、急激な人口増加に対応すべく、郊外に公園墓地としての造成が増加しつつあります。墓地は経営や管理者によって経営体系が異なっており、それぞれの特徴に応じて、自分に合った墓地を選ばなければなりません。主な墓地は公営墓地、民営墓地、寺院墓地があります。公営墓地は、都道府県や市町村といった地方公共団体が管理・運営している墓地です。永続性が保証され、永代使用料や管理費が安く抑えられています。宗教的な制約も一切ないですが、大規模開発の場所も多くあり、立地面で不便になることもあります。民営墓地は財団法人や社団法人、宗教法人から委託を受けた民間の企業が管理・運営している墓地です。遺骨の有無などで申し込みに制約はほとんどなく、お墓の大きさやデザインを自由に決めることができますが、公営墓地と比較すると、永代使用料や管理費が割高になります。寺院墓地は寺院の境内にあり、その寺院が管理・運営している墓地です。お墓が境内にあるので法要や読経を比較的用に行え、手厚い供養をすることができます。その一方で、その寺院の檀家になることが前提になり、寺院の住職との信頼関係も必要になってきます。また、現在では納骨堂も増加しており、今後のことをしっかり見据えたうえでの検討が重要です。

神奈川県には川崎や横浜をはじめ、県下には公営墓地、民営墓地、寺院墓地合わせて約300の霊園が点在しています。立地条件や自分の宗派・宗教をしっかりと考えて、悔いの残らない霊園選びをしなければなりません。

お墓の知識や詳しい情報は無料資料請求にて受付。お問い合わせフォーム、またはお電話(フリーダイヤル)にて24時間受け付け可能です。お支払い方法はローンやクレジットカードでも可能。ぜひご相談下さい。古典風でも現代風でも、お客様のあったらいいなを形にできる神奈川の霊園です。納得いくまでご検討下さい。対象エリアは神奈川全域ですが、どこよりも詳しい神奈川の霊園墓地情報を提供し、お客様のご要望にお応えします。神奈川の霊園一覧はこちら